AWS EC2からHyper-VへのVM移行を試してみました – その6(最終回)

今回は、最後となりますが、以下のステップ5のHyper-Vへの仮想マシンの移行後に必要な処理について解説していきます。

・ステップ1:AWS EC2を構築
・ステップ2:AWS EC2にバックアップ保存用ボリュームを追加
・ステップ3:AWS EC2をバックアップ
・ステップ4:バックアップから直接Hyper-V上に仮想マシン作成
・ステップ5:移行後の処理

移行後に、必ず行う必要があるのが、以下の1) のOSのライセンス認証と2) のネットワーク設定です。
3) については、私が調べた限りでは、AWSのプログラム等はオンプレ上では不要と思われますので削除しています。

1) OSのライセンス認証
移行直後は、Windowsのライセンス認証が外れています。

正規ライセンスのプロダクトキーを入力して、[Windowsのライセンス認証]を行います。

正常にライセンスが認証されました。

2) ネットワーク設定
移行直後は、ネットワーク設定は初期設定状態になっていますので、ネットワークの設定を行います。

3) 不要なモジュールなどの削除
不要と思われるAWSのプログラム等を削除します。
以下、[赤枠]の4つのAWS用のプログラム等は、オンプレ環境では不要と思われますので削除します。

①Amazon SSM Agent
Windowsの構成管理を行うためのAWSのサービスです。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/systems-manager/latest/userguide/ssm-agent.html

②AWS PV Driver
EC2においてAWSが提供する仮想化ドライバーなどです。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/WindowsGuide/xen-drivers-overview.html

③AWS Tools for Windows
AWS用のPowerShell モジュールのセットです。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/powershell/latest/userguide/pstools-welcome.html

④aws-cfn-bootstrap
Amazon EC2 インスタンスにソフトウェアをインストールしたりサービスを開始したりするために使用できるスクリプトです。
https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSCloudFormation/latest/UserGuide/cfn-helper-scripts-reference.html

<まとめ>
今回は、[ActiveImage Protector]を利用して、EC2インスタンスをオンプレサイトのHyper-V上へ丸ごと移行が可能なことを確認しましたが、同じ方法でVMware ESXi上への移行も可能かと思います。
また、他のクラウドのVM移行についても、同じ方法で移行が可能かと思いますが、機会がありましたら試してみます。

最後に、オンプレからクラウドへの移行方法については、インターネット上に多くの情報が公開されていますが、クラウドからオンプレへの移行方法となると情報は皆無に等しいというのが現状ではないかと思います。本ブログの冒頭でも申し上げましたが、何らかの理由で「オンプレに戻すことを考えている」というお客様に少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

By Oki

 

通してお読みでない方は、是非「その1」からお読みください。
「AWS EC2 から Hyper-V への VM 移行を試してみました – その1」:
https://blog.netjapan.co.jp/archives/10849

Comments are closed.

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン