セミナー

Actiphyの新しいコミュニケーション 「Biz-Communication」始まる

アクティファイでは、以前は全国各地のお客様を積極的に訪問して、ご挨拶から情報交換、製品紹介、技術セミナー、技術支援などを行って参りましたが、現在は同じような活動が行えない状況で、まだしばらくの間は難しいと思い、今回新しいコミュニケーション「アクティファイスタディ」と「アクティファイミート」をスタートさせる事になりました。

  • アクティファイスタディ

今まで毎月定期セミナーとして開催しておりました技術セミナーです。9月中旬開催予定の初回は、ギガスクール需要でまだまだご要望の多い、キッティングに関連するセミナーを開催いたします。

■ パソコンキッティングの効率化セミナー内容(予定)

・キッティングとは

・マスターの作成(Sysprep、Windows Updateについて)

・マスターの展開(ActiveImage Deploy USBのご説明)

・質疑応答

  • アクティファイミート

時間の都合等で「アクティファイスタディ」では詳細が分からない場合などのフォローを時間制限のない「アクティファイミート」で対応させて頂きます。

「アクティファイミート」はアポイント制となりますので、近日中に弊社ホームページからのお申込み受付を開始いたします。

お急ぎの案件やご不明な点などございましたら、お気軽に弊社営業本部( sales@actiphy.com )にご一報頂ければ幸いです。

皆様からのご参加とお誘いを心よりお待ちしております。

ActiveImage Protector セミナー in 台湾高雄

昨年12月、 ActiveImage Protector の台湾の販売代理店 GATI(General Advanced Technology Inc.)が台湾高雄で「予算を50%削減すると同時に、災害復旧パフォーマンスを50%向上させる」と題した ActiveImage Protector のセミナーを開催しました。

本セミナーでは、エンドユーザー様を対象に、ActiveImage Protector のバックアップの運用により、予算目標とパフォーマンス目標の双方を現実的に達成できることについて、事例を踏まえて分かりやすく解説しました。

いつも通り、映画館の劇場ホールを丸ごと貸切り、資料を映しながら迫力あるプレゼンテーションを行いました。

セミナー終了直後、ユーザー様が講演者に質問する様子に皆さまの関心の高さを感じました。

限られた予算内で、バックアップのコストパフォーマンスの良い成果を期待されるお客様は ActiveImage Protector にお任せください!

年末の繁忙期にセミナーにご参加いただきました皆様、ありがとうございました。

YBS

GATI(台湾)セミナーレポート

台湾のパートナー General Advanced Technology Inc.(GATI)が、10月25日に台中で「ディザスターリカバリーのパフォーマンスを50%上げると障害対策予算が50%節約できる!」と題し、エンドユーザ様向けに ActiveImage Protector のセミナーを開催しました。

セミナー当日のスケジュールです。

質問も多くActiveImage Protectorに対する関心の高さが伺えます。

そして最後は台湾セミナーお決まりの映画上映!
日本では10月から上映が開始されているウィル・スミス主演の「Gemini Man」でした。
セミナーを受講して最新映画が見られるなんていいですよね。

セミナーの様子はGATIのFacebookの動画をご覧ください。

ActiveImage Protector が台湾の皆様の障害対策の予算削減に貢献できるよう、今後とも GATI と一緒に頑張っていきますのでよろしくお願いします。

「ActiveImage Protector 2018 Update Virtual Edition 実践セミナー」のご紹介

7月31日(水)にネットジャパンの日本橋セミナールームにて、「ActiveImage Protector 2018 Update Virtual Edition 実践セミナー」が行われました。

今回は、HyperAgent という新機能を使用した、エージェントレスバックアップの初セミナーでした。

HyperAgent とは、ハイパーバイザー上の仮想マシンにエージェントをインストールすることなく、バックアップができるという機能です。

従来の ActiveImage Protector では、バックアップを取得する際、エージェントがインストールされているバックアップ対象のマシン、およびホストであるハイパーバイザーに負荷がかかっていました。

しかし HyperAgent を使用すると、HyperAgent がインストールされているマシンに負荷がかかるようになるので、外部のマシンで HyperAgent を構成した場合、それらへの負荷は最小限になります。

また、仮想マシンごとにエージェントをインストールする手間も省けるという優れものです。

セミナーは最初の1時間が PowerPoint を用いた製品の説明で、休憩を10分挟み、1時間30分が実機を用いた演習という内容でした。

説明を聞いているだけでは理解に限界がありますし、眠くなったり、飽きたりもしてしまいます。そういった点は、実際に触って動かすことができるので安心です。

演習の最中、ネットワークが遅いというトラブルに見舞われたりしましたが、そこは、さすが弊社が誇るセミナーの講師。すぐに機転を利かせて代替手段を用いたため、大きな影響もなく、無事セミナーを終えることができました。

 

弊社では、ActiveImage Protector Virtual Editionの他、ActiveImage Deploy USBActiveVisor の法人向け無料セミナーを毎月開催していますので、よろしければご参加ください。

今後のセミナースケジュールはこちらをご覧ください。

 

お暑い中お越しいただく皆様のため、冷やしたタオルや水などもご用意してお待ちしております。

SY

<ActiveImage Protector、フィリピンで販売開始!>

フィリピンの弊社製品の代理店、IPSYSTEMS, Inc.が5月31日(金)にマニラのDiscovery Suites ホテルにてActiveImage Protector Launch Meetingを開催することとなり、弊社 Global Sales Teamも参加しました。

イベントが開催されたホテルはIPSYSTEMS, Inc.に近く、ビジネスで賑わうオルティガス地区の中心部に位置します。現地のディストリビューター、リセラー、そしてActiveImage Protectorに興味をお持ちのエンドユーザー様が来場されました。

いよいよスタートです。

IPSYSTEMS, Inc.社長のPatricia Celisさんがご来場の皆様への感謝、IPSYSTEMS, Inc.の歴史、ミッション、取り扱い製品についてプレゼンテーションをおこないました。

次に、弊社副社長の山﨑がネットジャパンのご紹介、そして製品ラインやActiveImage Protectorをご利用のお客様についてご紹介しました。

その後、登壇したのは弊社製品開発マネージャーのEric Simmons。仮想環境へのエージェントレスバックアップ機能を搭載した新製品「ActiveImage Protector 2018 Update Virtual Edition」をはじめとするActiveImage Protectorの機能のご紹介と様々な環境での活用事例をわかりやすくご紹介しました。

休憩時間は、会場の外の喫茶コーナーに用意されたお茶やお菓子で気分転換。

 

休憩後は、IPSYSTEMS, Inc.のエンジニアによる ActiveImage Protectorのバックアップ、vStandby AIPなどのデモを行いました。来場者は、ActiveImage Protectorのマニュアル不要の操作の簡単さに大変興味を持たれていました。

 

その後Q&Aセッションに入り、来場者からは「無料版ESXiをインストールした環境でActiveImage Protectorを使ってバックアップを取れるのか」、「翌年度の以降のサポートサービス料はライセンスの購入価格の何パーセントなのか」等々、製品の機能やライセンスポリシーについての質問が相次ぎました。

アンケートをご記入いただいた方を対象とした抽選会を行い、結果を発表!

 

会場が熱気に包まれる中、ActiveImage Protector Launch Meetingは幕を閉じました。最後にご来場の皆様との記念写真をパシャッ!

海外市場に挑戦するためには、乗り越えなければならない課題がたくさんあるかと思います。より多くのお客様に弊社のソリューションを活用していただけるように努力してまいります。

セミナー便り 第四十二号<2019年5月のセミナーと ActiveImage Deploy USB よくある質問>

2019年春の日本橋は、4月7日まで桜イベント、桜グッズに桜をイメージしたお料理やお菓子と桜づくしです。江戸通りの桜並木は満開ですが、まだつぼみもあるので今週末まで楽しめそうです。
福徳の森はしだれ桜が満開を迎えています。NIHONBASHI SAKURA FESTIVAL 2019 の参加製品でもある“白百合醸造のさくらワイン”を知り合いにいただきました。
桜の花がワインの中に入っていてとっても可愛いです。味は甘くジュースのように飲めてしまうので危険です。さくらイベントの次は毎年大人気の第7回日本酒利き歩きが4月13日に開催されます。





 

5月のセミナーは、5月15日(水)ActiveImage Deploy USB、5月29日(水)ActiveImage Portector Virtual Edition のセミナーです。

ActiveImage Deploy USBですが、大量のPCの新規導入案件や、Windows 10 へのアップデート案件などでお問い合わせ殺到中です。
5月のセミナーからパソコンのキッティングを ActiveImage Deploy USB を利用して作業の効率化をはかるため、自動応答ファイルを使用したSysprepの実行デモもセミナー内容に含めました。
5月のセミナーの詳細内容とお申込みはこちらからご確認ください。

よくいただくお問い合わせ内容を以下にまとめてみましたので、参考にしてください。

Q1. ActiveImage Deploy USBとは
システムインテグレーターや VAR/OEM 向けに開発したUSB メモリだけでクローニングを行えるコンピューターのキッティングツールです。
ActiveImage Protector のエンジンを搭載したデプロイ用 USB メモリを作成し、簡単、高速、確実なキッティングを実現します。

Q2.ActiveImage Deploy USBとActiveImage Deploy USB Plusの違いは何ですか?
A.両製品共に1ライセンスで1回のクローニングが可能です。
更にActiveImage Deploy USB Plusは、クローニング後、障害時などに出荷時の状態に戻す事ができるよう、「復元用USBメモリ」の作成と利用権利が含まれています。

Q3.製品にUSBメモリは含まれていますか?
A.いいえ、含まれておりません。デプロイするマスターイメージの容量に適したUSBメモリを必要数ご用意ください。

Q4.USBメモリの必要容量の計算方法を教えてください
A. USBメモリには2つのパーティションを作成します。
1つ目はブート用で1.5GBを割り当てます。
2つ目はイメージの保存用で、残り容量を割り当てます。
イメージファイルのサイズは、圧縮して保存しますので元の容量の7割程度を想定してください。
Windows10 の場合はイメージが最低でも8GB程度はありますので、16GB以上のUSBメモリが必要です。推奨は32GB以上です。

Q5.インターネット環境がない場合でも利用可能ですか?
A.ライセンス管理にインターネットを使用するため、デプロイメントUSBメモリの作成、更新時にインターネット環境が必要です。作成したUSBメモリでクローニングをする際には不要です。

Q6.複数のイメージを1つのUSBメモリに入れることはできますか?
A.できません。例えば100台のクローニングを行う際に4パターンの構成がある場合には、それぞれ元となるイメージを作成して、クローニングする台数を設定したUSBメモリを作成してください。

Q7.クローニング用と復元用のUSBメモリは同じものを使えますか?
A.クローニング用と復元用は用途が異なるため、それぞれ作成する必要があります。

Q8.80台のコンピューターにクローニングする際に必要なライセンスは?
A.ActiveImage Deploy USBの場合、80台がクローニング対象のコンピューターの場合80ライセンス必要です。80台の内、1台に元となるOSやアプリケーションをインストールして、そのイメージを展開する場合は、79ライセンス必要です。
ActiveImage Deploy USB Plusの場合、80ライセンス必要です。

Q9. ActiveImage Deploy USBを実際に使用してみたい場合にはどのような方法がありますか?
A.ActiveImage Deploy USB for Desktopは、評価版でお試しいただけます。
無償の実践セミナーも開催しています。

Q10.年間サポートサービスの内容は?
A.初年度のサポートサービスはライセンス価格に含まれています。
内容は技術サポートサービスとアップデートです。アップデートは未使用のライセンスにのみ適用いただけます。翌年度以降のサポートサービスはライセンス購入時にのみ一括でご購入いただけます。
特に、ActiveImage Deploy USB Plusをご購入いただくお客様で複数年サポートが必要な場合には、ライセンス購入時に必ずご購入ください。サポートサービスのみの販売はおこなっておりません。

2018年秋 GATI(General Advanced Technology Inc.)のセミナーレポート

ActiveImage Protectorの台湾のパートナー、GATI(General Advanced Technology Inc.)が、この秋、台湾各地でActiveImage Protectorのセミナーを開催しました。
50名近く集まったセミナーもあり、いずれも出席率が高く、ActiveImage Protectorに対する関心の高さがうかがえます。
9月に来日して受講した、ネットジャパンでのセミナーの内容を活かしてくれているそうです。
台湾では、映画館を貸し切ってセミナーを開催することが多いそうで、セミナーの締めはみんなで映画鑑賞!楽しそうですね。
良かったら下記のGATIのFacebookページを覗いてみてください。セミナーの様子が載っていますよ。

10月3日 エンドユーザ向けセミナー

 
10月16日 リセーラ向け台北でのセミナー

 
10月17日 エンドユーザ向け GATIとACER共同のWebセミナー

10月25日 エンドユーザ向け高尾でのセミナー

11月23日エンドユーザ向け台中でのセミナー

GATIの皆さんは、2019年も台湾の方々にActiveImage Protectorをガンガン紹介してくれると思います。

GATI(台湾)来日セミナーレポート

いつも ActiveImage Protector のセミナーレポートを送ってきてくれている、

台湾のパートナーGATI(General Advanced Technology Inc.)のセールスマネージャとエンジニアが

先週新製品ActiveVisorActiveImage のセミナー受講のため来日されました。

セミナールームのマシーンのリニューアルも完了して、初のActiveVisorActiveImage Protector

ハンズオンセミナーとなりました。

滞在時間が限られているので、午前と午後の製品説明と実習、夕方からのミーティングとフルに

1日のセミナーになりました。少しハードスケジュールだったかもしれませんが、質問やご要望も

沢山いただき弊社にとっても充実したセミナーになりました。

 

 

「ActiveVisorについては、社内のパソコンが何百台もあるような規模の会社ではパソコン毎に

バックアップを行うと時間も管理者の人件費もかかりますが、ActiveVisorで簡単に社内すべての

パソコンのバックアップタスクを集中管理してコントロール出来るようになるので、パソコンの保護と

時間と管理費の大幅節約になります。

今後、既存ユーザ様や新規お客様に提案していきます。」とおっしゃっていました。

 

日本でのお食事もお口にあったようで、特にさつま揚げがお気に入りでした。

ご家族へのおみやげもスーツケースからはみ出してしまうくらい購入されて、お二人にとって有意義で

楽しい滞在になった事と願っています。

 

今後、ActiveVisorを含めたActiveImage Protectorの更に充実したセミナーを台湾で開催されると

思います。台湾でのセミナープレゼント用にみーこのノベルティグッズも沢山持って帰っていただき

ましたので台湾でみーこが人気者!になれるかもしれません。

 

そして、今回おみやげにいただいたパイナップルケーキ(ジャドウァガォビン)

https://www.tour.ne.jp/w_review/TPE/shopping/spot/1323810/


台北市で開催している「パイナップルケーキ大会」で初代グランプリのお菓子だそうです。

台湾産のパイナップルで作った餡は、柔らかくて、甘すぎず、餡を包んでいる皮(?)クッキー(?)は、

崩れそうな柔らかさもありますが、サクサクしていてとても美味しかったです。

社内でも大好評でした。台湾に行かれることがありましたら、是非食べてみてください。

ネットジャパンセミナー便り41号 ~ 2018年9月セミナーについて

猛暑、猛暑、猛暑が続いて台風が来て少し暑さが和らぎました。日本各地で台風、豪雨被害が起きているのでこの後、秋の台風シーズンがとても心配です。

日本橋のオアシス”福徳の森”は、風鈴に加えて沢山の提灯が飾られて夏祭りバージョンになっています。毎週末盆踊りや金魚すいくなどお祭りが開催されています。

今月は、先月の三重テラスのカツオ生鰹につづいて、鰹節、日本橋鰹節専門店”大和屋(http://katsuobushi.net/)“さんのご紹介です。

鰹節は、低カロリーで、カルシウム、ミネラル、消化の良いたんぱく質も含まれています。さらにお肌のはりを維持するコラーゲンの働きを活性化させてくれる美容にも良い食材だそうです。

美容に良いと聞くと食べることが嬉しくなりますよね。

今回お店の方に色々と聞きながら食べ比べに4種類購入しました。カツオだけではなくマグロもあって、マグロ好きの私は、削りぶしもマグロが一番好きでした。

おつまみぶしという少し厚みのあるものも購入しました。香りがとても良く、お醤油の中に少し入れておいても良いそうです。また削り節は冷凍庫にいれても凍らないので、冷凍庫保存がお薦めだそうです。

サラダに、ご飯に、お味噌汁に鰹節をガンガン入れて、残暑を元気に乗り切りたいと思います。

是非セミナーお越しの行き帰りに寄ってみてください。こぢんまりとした店舗ですが、日本橋三越のまん前なのですぐにわかると思います。

 

9月はセミナールームのマシンのリニューアルのため、定期セミナーはお休みします。

以前のマシンはそのまま、新しい環境を構築しますので、ご要望があれば個別セミナーは開催可能ですのでご連絡ください。

 

10月より、20188月にリリースしました ActiveImage Protectorの集中管理コンソール、ActiveVisor を使用したActiveImage Protectorクライアントの管理の実習を含めたセミナーを従来のセミナーと合わせて開催します。

ActiveVisor の概要はこちら:

https://www.netjapan.com/jp/products/activeimage-protector/activevisor

 

 

10月の日程は決まり次第ホームページでご案内します。楽しみにお待ちください。

個別セミナーのご相談はこちらにご連絡ください。

Email seminar@netjapan.co.jp

TEL 03-5256-0877 

GATI(台湾)セミナーレポート 2018年7月25日

台湾のパートナーGeneral Advanced Technology Inc.(GATI)が、7月25日にユーザーとリセーラー向けに開催した ActiveImage Protector 2018 紹介セミナーの報告を送ってくれました。

今年はハンズオンセミナーを含めて5回目のセミナーで、いずれのセミナーも盛況でした。

台湾でコンピュータのバックアップといえば、”ActiveImage Protector”認知度No.1!になれる日も近いかもしれないですね(笑)

セミナー当日のスケジュールです。

今回は映画「Mission : Impossible-Fallout」にかけた、セミナータイトル「The IMPOSSIBLE MISSION of the security, the disaster is completely FALL OUT」でしたので、セミナー終了後出席者の皆様と映画「Mission : Impossible-Fallout」を鑑賞しました。

参加人数は44名で申込に対して7割近い出席率でした。質問も多く、新バージョンActiveImage Protectorに対する関心の高さが感じられるセミナーでした。

 

セミナー会場の様子です。

暑い中セミナーにお越しいただきました台湾の受講者の皆様、ありがとうございました。

台湾の皆様により活用していただける製品になるよう、今後もGATIと一緒に頑張って行きます。

アーカイブ

Powered by WordPress, WP Theme designed by WSC Project. ログイン